医療看護受験専門 青山予備校

お問合せ

青山予備校からのお知らせ

2018/02/18 講師ブログ

他の予備校に負けないこと ~青山予備校にご入学をお考えの皆さまへ~

「他の予備校に負けないことは何ですか?」
と聞かれた時、私は「生徒一人ひとりに向き合う時間がどの予備校よりも多いこと」とお答えしています。
それは、青山予備校が少人数制予備校という利点を活かし 一人ひとりに合わせたカリキュラムをご提案し、日々の学習におけるつまずきが完全に消化できるまで向き合うことを理念としているからです。

毎年、青山予備校の生徒さんには
各自の志望校・現在の状況にあわせた入試までのカリキュラムを作成し、それを日々更新させながら勉強に励んでいただいています。
その中には、具体的な勉強法は元より、自宅での効果的な過ごし方といった、受験勉強を生活の一部として考えたアドバイスも行っています。
最初に立てた計画を一度も変更せずに受験まで乗り切った例はなく、対話をしながら、進度や要望に応じて、長くて2か月、短い時で2週間でカリキュラムを作り変えています。

予備校での学習は
各自の生活スタイル・性格を元に、その生徒さんにあった指導をご提供しています。
一人でもくもくと勉強したいAさんには、テストを中心としたOUTPUTを行い、その復習を重点に置いた指導。
スモールステップで一つ一つ確実に理解していきたいBさんには、時間をかけて丁寧に導入部分を説明するINPUT中心の指導。
日中働きながら予備校に通われる社会人のCさんには、優先順位を決め、志望校の傾向に沿った無駄のない学習の指導。
など、千差万別です。

やり方は違えど、日々の学習のつまずきを手を変え品を変え理解できるまで指導することには変わりありません。
理解が不十分なまま次へと進むのではなく、少し前に戻って説明を加えたり、補足プリントや手書きのレジュメを配り理解を深めてもらっています。

このように
カリキュラムという方向性を管理し、実際の成果をプロデュースする作業を一人ひとりに行うので正直、手間はかかります。
しかし、この積み重ねこそが合格を勝ち取ることのできる少人数制予備校のあり方だと考えています。

「最後まで走りぬけるよう励まし、迷子にならないようゴールに導く」
この2点を支える伴奏者でありたいと考えています。

もうすぐ新学期が始まろうとしています。
勉強から遠ざかっているが絶対看護師になりたい社会人の方や勉強は苦手だけれど看護学校にどうしても合格したい高校生の皆さんが最高の結果を出せるようなお手伝いができればと考えています。

医療看護専門 青山予備校 096-284-5803   担当)平田

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

平田 文彦Fumihiko Hirata

主に教室では、学習面で皆様をサポートしていきますが、単に学力向上だけに留まらない指導を心がけていきます。
「受かるためにはどうすればいいのか」より「落ちないためにはどうすればいいのか」をみっちり指導していきます。
わかるまで・できるまで・納得いくまでお付き合いします。
一緒に頑張りましょう。